防衛軍の高速周回で使われている防具ランキング

このようなお題をいただいたため、ランキング形式でまとめておくことにする
(別にYouTubeに触発されたわけではない)

なお、一部を除き特定の防具セットが必須と言うことはない

わざわざ選べるのならこれを勧める、の代表であり他セットだと参戦権がなくなるなんてことはない事は先に添えておく

▼第8位 ひかりのローブ

占い師専用だが、占い師が構成に入るという事はライトフォースを用いる可能性が非常に高い(※)

よって無条件で光属性攻撃が5%増えるセット効果が何よりも強い

また、初動で呪文を使ってくるボスはとても多く、それを反射させると数千ダメージを稼げたりも評価ポイント

※なぜライトフォースになりやすいのか

わざわざ火力職を削ってまで占い師を入れるという事は皇帝のタロットによる初動の早さを追求しているという事

つまりダークネスショットを最大射程から最速で入れるために占い師が必要になることが多く、そうなると必然的に光属性で戦うことになる

▼第7位 かぜのマント

なんと言っても特筆すべきは風耐性+20%とすばやさ+60のセット効果

すばやさ+60はピオラ1段階とほぼ同等効果であり、ライバルであるグレイスフルコートとの行動間隔差をほぼ埋めてくれる

用途としてはピンポイントで、芳墨の華烈兵団でわずかにグレイスフルを上回れる

理由としてはボスである芳墨の堕天将フィアは初動が1200ダメージ程度のバギムーチョであることが多く

それで倒されてしまわないための調整が全職で必須になる

初動でマジックバリアを1回でも使えれば解決することではあるが、ピオリムやスクルトなど、チャートによってはそれよりも優先したい場合があり

そういう時はその他アクセを風雷のいんろう(風雷耐性+26%)にして対応せざるを得ない

当たり前だがパワーチャームを付けられないことで若干の攻撃力低下を受け入れなければいけなくなるのだが、かぜのマントであれば風雷のいんろうをつけず、マジックバリアも受けずに耐え調整をすることが出来る

パワチャと印籠の攻撃差ってたった5でしょ?と思う事だろうが、そのたった5が明暗を分けることは十分にあるのだ

▼第6位 蒼穹兵団のよろい

物理以外への耐久力はわずかにミラーアーマーの方が上だが、物理に対しては同等以上なためこちらが優先される
(とはいえミラーアーマーもほぼほぼ同評価なのは間違いない)

もちろん魔法戦士専用防具だが、高い防御力を活かして誘殺参謀リランザの双竜打ちをリンクなしで耐えるなどの用途がある

魔法戦士は行動間隔を強化したくなるが、武器の持ち替えや定時CT行動が多分に含まれる職なため

実は行動間隔を強化しても手数が増えることはほぼない

開幕に早詠みが必須であればワンダラーズやクイックを選ばざるを得ないが、そうでなければ迷わず鎧を着ておくべし

▼第5位 クイックジャケット

今や結晶装備となったLv90防具が堂々のランクイン(古すぎてレビュー記事がなかった)

「開戦時早詠み」「行動間隔-0.5秒」の2つが全てであり、それ以外は必要ない職や場面は多くある

また、蒼怨の屍獄兵団では低レベル装備であるが故の合計守備力の低さを活かしてどうぐ使いの必殺チャージ調整にも一役買える

ちなみに守備力調整だけであればもっと低レベル装備(魔技師セットなど)を使えばいいのではないかと思うかもしれないが

移動速度埋めの足装備の入手難易度だったり、そもそも行動間隔短縮と開戦時早詠みが強かったりでクイックセットに落ち着く

▼第4位 聖域の闘衣

現状の火力枠はまもの使い、バトルマスターが奪い合う形になっているが、どちらかと言えばまもの使い寄りの防具

理由は単純明快で、全防具のセット効果中攻撃力が最も高くなるから(+8)

ラッシュ中はピオラ2段階状態であったり、開幕行動もHPリンクだったり長い距離のツッコミ移動だったりするため、コマンド間隔短縮効果はあまり恩恵がない

しかしそれでも「攻撃力を1高く」するという事にはとても大きな意味がある

もちろんかけられる費用は人それぞれであり全員が最大値にするなど不可能であることは事実だが、「攻撃力は上げられるだけ上げる」べきであることもまた事実

なお、状況や戦略により攻撃力よりも会心率を重視した方がいいケースも存在するためこの位置になった

▼第3位 ワンダラーズマント

開戦時早詠み、必殺チャージ率+、体下フリーによる守備力増減の自由度が素晴らしい装備

魔法戦士が早詠みを目当てに装備する場合でも体下のみを鎧にすることで守備力を上げることが出来たり

どうぐ使いが体下をドレア用装備などにすることで必殺チャージ率をさらに上げることが出来たりなどがある

惜しむらくはコマンド間隔短縮効果がない事ではあるが、それを差し引いても1セットは持っておきたい

どうぐ使い、魔法戦士用に何か1着だけ持っておこうというなら迷いなくワンラダーズ

ワンダラーズセットでないと出来ないことはとても多いため、職と兵団によっては必須指定になりうる場合もある

▼第2位 グレイスフルコート

行動間隔短縮、攻撃呪文耐性、状態異常成功率アップ、どれをとっても非の打ち所がない

加えて腕装備が自由なためわずかながら守備力調整が出来たり、少しでもきようさを上げることで会心率を高めたり出来る

また、低レベル装備であれば攻撃時ルカニ効果の理論値を安価で購入できたりなども利点

装備可能職がレンジャーと踊り子なため最低でも2/8は枠があり利用頻度も高い

特にレンジャーは行動間隔短縮が本当に大事で、これがあるとないとではラッシュ中の攻撃回数事態に差が出ることも多い

これもグレイスフルセットでないと出来ないことがあり、職と兵団によっては必須指定になりうる場合がある(主に踊り子)

▼第1位 開祖の道着

堂々の第1位に輝いたのは開祖セット

まもの使い、バトルマスター両方で最も適した装備であると自信を持って言え、場合によっては踊り子でも使いたい

聖域セットと比較すると攻撃力が2下がってしまうが、会心率が1.5%上乗せされることで火力貢献度は大きく上がる(※)

参戦職の3/8~5/8が装備でき、使用頻度もダントツ

とは言え必須指定になることはないが、使える職の多さと強さから1位に置かせてもらった

本当に残念なのは防衛軍以外での汎用性が全くないせいでほぼ非売品なこと

※なぜ会心率が重要か

これは防衛軍のラッシュ構成の半分以上が「通常攻撃」だからである

最終的には「Aペチで何回会心出せるか」が総合火力の高さになるため、上を見れば見るほど開祖の優秀さが際立つ

▼おわりに

繰り返しになるがここに載っていない装備セットでは参加権がないなどという事は一切ないことだけは理解していただければと思う

私が良く遊ぶ獅子門外での高速周回を前提にした話にはなるが、判断基準などの参考になれば幸い

もちろん絶対にこれが最適と言うわけでは断じてなく、戦略や構成によって最適などいくらでも変わる可能性はある

「高速周回」とは似て非なる「タイムアタック」の場合なんかでも変わったりするので、突き詰めた遊び方をするなら色々試してみることをおすすめする

しかしこうして見ると、Lv108~110にほとんど固まっていたり、最新装備がほとんどなかったり

なんなら結晶装備すら混じっているのは面白いところかもしれない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。