Ver6.2新武器レビュー 片手剣「妖精の剣」

▼基本性能と過去装備比較

見た瞬間にこれは強いと思える片手剣が登場

基礎効果2つが色々な用途に適していて、幅広く使える

▼バトルマスターでは

・妖精の剣は右手に

厭悪のルベランギスで活躍した片手剣二刀流スタイルのバトルマスター向けとしては行動時スカラがとても偉い

僧侶入りの場合はスカラがないとツインクローを耐えられないため行動時に勝手に更新してくれるのは嬉しいし

賢者入りの場合はいやしの雨+スカラ2段階になることでベホマラーでの回復が追い付くようになるケースが増える

強化されたテンションブーストを活用するならギガブレイクも使うことはあり、属性ダメージプラスの方も腐らない

・左手は輝天のつるぎを推奨

ステータスが上がったことでファフニルセットを用いた場合でもHPや守備力が不足することがなくなった

行動時にバイシオンとピオラが更新し続けられるほか、特技ダメージの上乗せも大きいため、聖域の闘衣よりも火力が上がる

攻撃時CT短縮効果は左手に装備している場合でも片手剣スキルを使用した場合は効果があるため、これでCT短縮を狙うのが総合的に良い

▼魔剣士、魔法戦士、占い師では

属性攻撃を多用するこの3職では以後ずっとこの剣を愛用する可能性もある

物理が主体の魔法戦士と魔剣士はいずれ攻撃力差でまくられてしまうが、属性タロットで攻撃する占い師では同効果が出ない限り使える

属性の乗った物理攻撃に限定するとしても、今後2~3世代は最適になれる

▼戦士、パラディンでは

どちらの職でも行動時スカラがひたすらに偉い

ブレイブチャージのある戦士では攻撃時CT短縮はなくてよいので単純に攻撃力の高い剣として使える

パラディンのCT短縮はとても強いのだが、攻撃行動を多くとれる職ではないので狙うのが難しい

ならばいっそのこと打てる時に打つグランドネビュラとギガブレイクのダメージを伸ばしておくというのも一考

▼総評

シンプルに強く、特定の職、状況では長く使える可能性も高い

いつもの会心錬金、ギガスラ特化の攻撃錬金、生存優先のガード率錬金などいろいろな用途が考えられる

ちなみに読み方は「ようせいのけん」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。